【名古屋~金沢 2740円~】格安に移動したい!特急しらさぎ・高速バス 宿泊セットなどお得な利用方法を紹介!

広告




【はじめに】広告表示・アフェリエイトリンクについて

当ブログでは記事ページ内に広告の表示と、アフェリエイトリンクの使用を行っております。

【はじめに】当サイトの料金・運賃の表記について
当サイトでは記事内で料金・運賃の金額を表記していますが、改定等により実際の料金・運賃とは異なる場合がございます。実際の料金・運賃につきましては公式HPや予約サイトで再度ご確認ください。

※2024年2月、運賃表記・リンク等を修正。2024年3月16日の北陸新幹線延伸開業以降の運賃・料金を追記しました。

あなた
あなた
名古屋・金沢はどこを観光したら良いのかなぁ…

…と悩んでいる方に、当サイトでは名古屋・金沢の観光に役立つ情報を掲載しています。ぜひご参考になさってください!

名古屋・金沢のお役立ち観光情報!(観光・グルメなど)

【名古屋】

(その他の愛知県に関する観光・グルメ情報も編集中です。※2024年1月現在)


【金沢・能登】

(その他の石川県に関する観光・グルメ情報も編集中です。※2024年1月現在)

あなた
あなた
新幹線と高速バス、どれがいいかな…なるべくお得に快適に移動したいな…
あなた
あなた
推しのグッズにお金を使いたいから、交通費はなるべく安くしたい!

当サイトでは、名古屋~金沢間をどのように移動するか悩んでいるあなたに最適な移動手段や予約サイトを提案いたします!

名古屋~金沢間のおすすめ移動方法!

【特急しらさぎと宿泊予約をセットでするなら…】


【とにかく安く移動したいなら高速バス!】

名古屋~金沢間を移動する場合は、以下の交通手段で移動するのが便利です。

<特急列車>

  • 特急「しらさぎ」(名古屋~金沢) ※2024年3月15日まで
  • 特急「しらさぎ」+北陸新幹線(名古屋~敦賀~金沢/※敦賀乗り換え) ※2024年3月16日から

<高速バス>

  • 名古屋-金沢線(名古屋駅~金沢/名鉄バス・北鉄バス・JR東海バス・西日本JRバス運行)
  • 北陸ドリーム名古屋号(名古屋駅~富山・高岡・金沢/JR東海バス・西日本JRバス運行)

名古屋~金沢間のそれぞれの交通機関の最速の所要時間は、特急列車なら約3時間高速バスなら約4時間で。

割引きっぷを利用すると特急しらさぎは定価より往復約1700円安く乗車できるほか、高速バスでは最安3600円で移動できることもあります!

特急「しらさぎ」(※2024年3月15日まで)

△特急しらさぎ

2024年3月16日に北陸新幹線の金沢~敦賀間が開業予定ですが、この開業以降、特急「しらさぎ」は名古屋~米原~敦賀間の運行となり、名古屋~金沢間を鉄道で移動する場合は敦賀で必ず乗り換えが必要となります。特急「しらさぎ」を利用して名古屋~金沢間を乗り換えなしで移動できるのは2024年3月15日までです。

2024年3月16日以降に名古屋~金沢間を鉄道で移動する場合はこちらをご覧ください。

名古屋~金沢間の移動は、特急「しらさぎ」が便利です。2時間に約1本運行されています。

所要時間

  • しらさぎ…約3時間

定価運賃・料金(おとな片道)

名古屋~金沢間の定価運賃・料金は以下の通りです。

  • 普通車自由席…6930円
  • 普通車指定席…7460円(通常期)
  • グリーン車指定席…11120円

※このうち、特急料金を除いた名古屋~金沢間の片道運賃は4510円。

自由席は事前の座席指定なしに乗車できます。

自由席に着席するには…

☆特急「しらさぎ」(名古屋~金沢間)

  • 名古屋から…全て名古屋始発のため、高確率で着席しやすいです。
  • 金沢から…全て金沢始発のため、高確率で着席しやすいです。

なお指定席料金は時期により変動します。

  • 通常期…以下の日以外
  • 閑散期(通常期の200円引き)…1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の月~木曜日
  • 繁忙期(通常期の200円増し)…3月21日~4月5日・4月28日~5月6日・7月21日~8月31日・12月25日~1月10日

 

JRきっぷと宿泊をセットでお得に!(日本旅行)

△名古屋駅

JRの新幹線・特急列車で往復利用し、旅行先でホテルに宿泊するのであれば日本旅行のJR+宿泊セットプランでの予約がおすすめです。日本旅行を利用すれば、JRのきっぷとホテルをまとめて予約できるほか、別々で予約するよりもお得になります!

例えば名古屋~金沢への往復利用で、金沢で宿泊する場合は12300円~、

金沢から名古屋への往復利用で、名古屋で宿泊する場合は13200円~のプランがあります。

(おとな1人あたり・1泊2日利用、2019年2月現在)

割引きっぷなどで往復利用した場合と比較しても、一番安いプランではこれらのきっぷと値段はあまり変わらず、ホテルに宿泊するのであれば日本旅行のJR+宿泊プランのほうがお得です!

ばしたく
ばしたく
イベント開催日・大型連休・長期休みなどはホテルが埋まりやすいため、早めの予約がおすすめ!

↓JR+宿泊セットプランはこちらから検索できます↓
[/su_note]

北陸往復割引きっぷ/名古屋往復割引きっぷ(往復利用にお得!)

△兼六園(石川県金沢市)

特急列車で往復利用するのであれば「北陸往復割引きっぷ」または「名古屋往復割引きっぷ」がお得です!「北陸往復割引きっぷ」は名古屋から北陸エリアへ、「名古屋往復割引きっぷ」は北陸エリアから名古屋への往復利用者向けに発売されています。

名古屋~北陸エリア間を特急「しらさぎ」の普通車指定席で快適に移動できます。

また、東海道新幹線の名古屋~米原間でも普通車自由席を利用できます。特急「しらさぎ」は、名古屋~金沢間と米原~金沢間を運行する列車の2パターンあり、名古屋発着は2時間に約1本の運行となります。名古屋での待ち時間を減らしたいのであれば、東海道新幹線と特急「しらさぎ」を米原乗り換えで北陸往復割引きっぷを利用することも可能です。

名古屋市内~金沢間の値段は以下の通りです。

  • 13200円(定価14920円→1720円お得!

約1700円お得です!きっぷは初回乗車日から6日間有効です。

名古屋市内や北陸エリアの主な駅の窓口で発売されています。

特急「しらさぎ」+北陸新幹線(※2024年3月16日から)

△特急「しらさぎ」

※2024年3月16日に北陸新幹線の金沢~敦賀間が開業します。この開業以降、特急「しらさぎ」は名古屋~敦賀間の運行となり、名古屋~金沢間を鉄道で移動する場合は敦賀で必ず乗り換えが必要です。

2024年3月15日より前に名古屋~金沢間を鉄道で移動する場合はこちらをご覧ください。

名古屋~福井間の移動は、特急「しらさぎ」と北陸新幹線が速くて便利です。特急「しらさぎ」は名古屋~敦賀間、北陸新幹線は敦賀~金沢間の利用で、敦賀で乗り換えが必要です。

特急「しらさぎ」は全席指定席のため、乗車前に窓口やJRおでかけネットなどで乗車する列車を指定して乗車券・特急券の購入が必要です。北陸新幹線には自由席が設定されています。

所要時間

  • 特急「しらさぎ」+北陸新幹線…約2時間40分

定価運賃・料金(おとな片道)

大阪~金沢間の定価運賃・料金は以下の通りです。(特急「しらさぎ」と北陸新幹線を乗り継いで利用する場合の特急料金は割引が適用されます。下記の運賃表記は割引適用後です。)

  • 普通車指定席…9080円(通常期)
  • グリーン車指定席…(※グリーン車料金が分かり次第追記)

※このうち特急料金を除いた、名古屋~金沢間の片道運賃は4510円。

なお指定席料金は時期により変動します。JR西日本・JR東海では以下のように設定されています。

  • 通常期
  • 閑散期(通常期の200円引き)…主に月曜~木曜など
  • 繁忙期(通常期の200円増し)…主に金曜・土日祝日など
  • 最繁忙期(通常期の400円増し)…ゴールデンウィーク・お盆期間の前後・年末年始の前後など

WEB早特7(7日前までのネット予約でお得に!)

△兼六園(石川県金沢市)

※2024年2月16日以降に購入できる商品です。

WEB早特7」を利用すると、特急「しらさぎ」名古屋~敦賀間の普通車指定席と北陸新幹線 敦賀~金沢間の普通車指定席をお得に利用できます!「WEB早特7」は7日前までの予約が必要です。

「WEB早特」は、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」からの予約となります。「e5489」の利用には事前に会員登録が必要です。

名古屋~金沢間のWEB早特の値段は以下の通りです。

  • WEB早特7(7日前までの予約)8170円(定価9080円→910円お得!

定価よりも約900円お得です!乗車日の1か月前からきっぷを購入できるので、乗車する列車が決まっているのであれば早めの予約がいいでしょう。

高速バス

名古屋~金沢間を高速バスで移動する場合、

  • 名古屋-金沢線(名古屋駅~金沢/名鉄バス・JR東海バス・西日本JRバス運行)
  • 北陸ドリーム名古屋号(名古屋~富山・高岡・金沢/JR東海バス・西日本JRバス運行)

以上の路線があります。

名古屋-金沢線

名古屋-金沢線」は、名鉄バス・北鉄バス・JR東海バス・西日本JRバスが運行する高速バスです。

名古屋~金沢間を1日11往復運行されており、

  • 名古屋…名鉄バスセンター・名古屋駅新幹線口(※)
  • 金沢…金沢駅

これらのバス停に停車します。名古屋~金沢間の所要時間は約4時間です。(※)は金沢行きのみ停車。

4列シート車が使用され、車内にはトイレやコンセントが設置されています。Wi-Fiの利用も可能です。

運賃は以下の設定があります。

  • 片道運賃…3600~5500円

運賃は時期によって変動します。詳細は高速バス予約ページでご確認ください。

北陸ドリーム名古屋号

△西日本JRバス

北陸ドリーム名古屋号」は、JR東海バス・西日本JRバスが運行する高速バスです。

名古屋~金沢間を1日1往復運行されており、

  • 名古屋…名古屋駅
  • 金沢…金沢駅

これらのバス停に停車します。名古屋~金沢間の所要時間は約7時間です。

座席は独立3列シート車が使用され、快適に移動できます。

運賃は以下の設定があります。

  • 片道運賃…4990~5810円
  • 早売1…4480~5600円
  • 早売5…4280~5300円
  • 学生割引…4180~5300円

早売は1・5日前までの予約でお得になる運賃設定です。定価よりも最大約800円お得になります!

快適に移動するか、安く移動するかなど、名古屋~金沢間の移動に当記事を参考にして比較・検討していただけると嬉しいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です