【大阪~富山 4400円~】格安に移動したい!特急サンダーバード+新幹線・高速バス 宿泊セットなどお得な利用方法を紹介!

広告




【はじめに】広告表示・アフェリエイトリンクについて

当ブログでは記事ページ内に広告の表示と、アフェリエイトリンクの使用を行っております。

【はじめに】当ブログの運賃・料金の表記について
当ブログでは、運賃・料金を表記しています。正確な運賃・表記を表記するよう努めていますが、運賃改定等により、実際の運賃・料金とは少し異なる場合もありますので、実際の運賃・料金につきましては、交通事業者のホームページや予約サイトで再度ご確認ください。

※2024年2月、運賃表記・リンク等を修正。2024年3月16日の北陸新幹線延伸開業以降の運賃・料金を追記しました。

大阪~富山間を移動する場合は、以下の交通手段で移動するのが便利です。

<特急列車+新幹線>

  • 特急「サンダーバード」+北陸新幹線(大阪・新大阪~金沢~富山/※金沢乗り換え) ※2024年3月15日まで
  • 特急「サンダーバード」+北陸新幹線(大阪・新大阪~敦賀~富山/※敦賀乗り換え) ※2024年3月16日から

<高速バス>

  • 大阪-富山線(大阪梅田・新大阪~富山/阪急観光バス・富山地鉄バス運行)
  • 百万石ドリーム大阪号…(USJ・大阪駅・京都駅~金沢・富山/西日本JRバス運行)

大阪~富山間のそれぞれの交通機関の最速の所要時間は、特急列車+新幹線なら約3時間高速バスなら約5時間50分かかります。

それぞれの列車や高速バス路線の最安の乗車運賃・料金は、

<特急列車+新幹線>

  • 「サンダーバード」+北陸新幹線(普通車指定席)…7300円~(日帰り大阪利用時の片道あたり/富山発/日帰り往復利用)
  • 「サンダーバード」+北陸新幹線(普通車指定席)…8310円~(WEB早特14利用時)

<高速バス>

  • 大阪-富山線…5000円~
  • 北陸道青春昼特急大阪号…4400円~

となっており、高速バスでは最安4400円で移動できることもあります!(バス路線のリンクをクリックすると高速バス予約サイトに飛びます。)

特急「サンダーバード」+北陸新幹線(金沢乗り換え/※2024年3月15日まで)

△特急「サンダーバード」

2024年3月16日に北陸新幹線の金沢~敦賀間が開業予定ですが、この開業以降に特急「サンダーバード」は大阪~敦賀間の運行となり、特急「サンダーバード」と北陸新幹線の乗り換え駅が敦賀に変更となります。特急「サンダーバード」と北陸新幹線を金沢で乗り換えて利用できるのは2024年3月15日までです。

2024年3月16日以降に大阪~富山間を鉄道で移動する場合はこちらをご覧ください。

大阪~富山間の移動は、特急「サンダーバード」と北陸新幹線を利用すると便利です。金沢で乗り換えとなります。

所要時間

  • 特急「サンダーバード」+北陸新幹線…約3時間

定価運賃・料金(おとな片道)

大阪市内~金沢間を特急「サンダーバード」、金沢~富山間を北陸新幹線を利用した場合の片道の合計運賃・料金は以下の通りです。(※2023年4月以降の運賃)

  • 普通車自由席…8800円
  • 普通車指定席…9590円(通常期)
  • グリーン車指定席…14290円

(※このうち特急料金を除いた、大阪市内~富山間の片道運賃は5720円)

<以上の料金の詳細>

☆大阪市内~富山間の片道運賃

  • 5720円

☆特急サンダーバード(大阪~金沢間)の特急料金(乗継割引)

  • 普通車自由席…1210円
  • 普通車指定席…1470円
  • グリーン車指定席…5400円

☆北陸新幹線(金沢~富山間)の特急料金

  • 普通車自由席…1870円
  • 普通車指定席…2400円
  • グリーン車指定席…3170円

例えば、特急サンダーバードは普通車指定席、北陸新幹線は普通車自由席を利用というような組み合わせも可能です。

自由席は事前の座席指定なしに乗車できます。(北陸新幹線の「かがやき」は普通車自由席の設定はありません。)

自由席に着席するには…

☆特急サンダーバード(大阪~金沢間)

  • 大阪から…全て大阪始発のため、高確率で着席しやすいです。
  • 金沢から…全て金沢始発のため、高確率で着席しやすいです。

☆北陸新幹線(金沢~富山間)

  • 金沢から…全て金沢始発のため、高確率で着席しやすいです。
  • 富山から…「はくたか」は東京方面からやってきます。「つるぎ」は全て富山始発のため、「つるぎ」であれば高確率で着席しやすいです。

なお指定席料金は時期により変動します。北陸新幹線を利用する場合は以下のように設定されています。

  • 通常期
  • 閑散期(通常期の200円引き)…主に月曜~木曜など
  • 繁忙期(通常期の200円増し)…主に金曜・土日祝日など
  • 最繁忙期(通常期の400円増し)…ゴールデンウィーク・お盆期間の前後・年末年始の前後など

JRきっぷと宿泊をセットでお得に!(日本旅行)

△黒部ダム(富山県中新川郡立山町)

JRの新幹線・特急列車で往復利用し、旅行先でホテルに宿泊するのであれば日本旅行のJR+宿泊セットプランでの予約がおすすめです。日本旅行を利用すれば、JRのきっぷとホテルをまとめて予約できるほか、別々で予約するよりもお得になります!

例えば大阪から富山への往復利用で、富山で宿泊する場合は18800円~、

富山から大阪への往復利用で、大阪で宿泊する場合は20500円~のプランがあります。

(おとな1人あたり・1泊2日利用、2019年2月現在)

割引きっぷなどで往復利用した場合と比較しても、一番安いプランではこれらのきっぷと4000円程度の違いで、ホテルに宿泊するのであれば日本旅行のJR+宿泊プランのほうがお得です!

イベント開催日・大型連休・長期休みなどはホテルが埋まりやすいため、早めの予約がいいでしょう。

↓JR+宿泊セットプランはこちらから検索できます↓

日帰り大阪(富山発のみ/日帰り利用にお得/クーポン付き!)

△道頓堀(大阪府大阪市中央区)

富山から大阪へ日帰り利用するなら、日本旅行から発売されている「日帰り大阪」プランが大変お得です!

※富山発のみの発売です。大阪発の発売はありません。ご注意ください
※日帰りの往復利用限定です。片道のみの利用はできません。ご注意ください

「日帰り大阪」プランには乗車券・特急券のほか、お得なクーポンがセットになっていてお得です!

日帰り大阪の、富山~大阪間の値段は

  • 14600円(定価19180円→4580円お得!

※ゴールデンウィーク期間やお盆期間はお値段が少々高くなることがあります。

※2022年6月時点の情報です。

定価の往復運賃が19180円なので、定価よりも最大4580円お得に乗車できます!

なお、「日帰り大阪」は特急列車停車駅間のみ発売で、乗車券を「富山~天王寺」のように特急列車停車駅以外の利用を含めたものは購入できません。

そのため、例えば富山~天王寺間を「日帰り大阪」で移動する場合は、大阪~天王寺間は別途乗車券が必要です。

WEB早特7・14(7日前・14日前までのネット予約でお得に!)

△北陸新幹線(W7系)

WEB早特7」「WEB早特14」を利用すると、特急「サンダーバード」と北陸新幹線の普通車指定席をお得に利用できます!「WEB早特7」は7日前まで、「WEB早特14」は14日前までの予約が必要です。

「WEB早特」は、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」からの予約となります。「e5489」の利用には事前に会員登録が必要です。

大阪~富山間のWEB早特の値段は以下の通りです。

  • WEB早特7(7日前までの予約)8880円(定価9590円→710円お得!
  • WEB早特14(14日前までの予約)8310円(定価9590円→1280円お得!

※大阪~金沢間は特急「サンダーバード」、金沢~富山間は北陸新幹線の利用となり、金沢で乗り換えです。

定価よりも約710~1280円お得です!乗車日の1か月前からきっぷを購入できるので、乗車する列車が決まっているのであれば早めの予約がいいでしょう。

特急「サンダーバード」+北陸新幹線(敦賀乗り換え/※2024年3月16日から)

△特急「サンダーバード」

※2024年3月16日に北陸新幹線の金沢~敦賀間が開業します。この開業以降、特急「サンダーバード」は大阪~敦賀間の運行となり、特急「サンダーバード」と北陸新幹線の乗り換え駅が敦賀に変更されます。

2024年3月15日より前に大阪~富山間を鉄道で移動する場合、特急「サンダーバード」と北陸新幹線の乗り換え駅は金沢です。詳しくはこちらをご覧ください。

大阪~富山間の移動は、特急「サンダーバード」と北陸新幹線が速くて便利です。特急「サンダーバード」は大阪~敦賀間、北陸新幹線は敦賀~富山間の利用で、敦賀で乗り換えが必要です。

特急「サンダーバード」は全席指定席のため、乗車前に窓口やJRおでかけネットなどで乗車する列車を指定して乗車券・特急券の購入が必要です。北陸新幹線には自由席が設定されています。

所要時間

  • 特急「サンダーバード」+北陸新幹線…約2時間40分

定価運賃・料金(おとな片道)

大阪~富山間の定価運賃・料金は以下の通りです。(特急「サンダーバード」と北陸新幹線を乗り継いで利用する場合の特急料金は割引が適用されます。下記の運賃表記は割引適用後です。)

  • 普通車指定席…10290円(通常期)
  • グリーン車指定席…(※グリーン車料金が分かり次第追記)

※このうち特急料金を除いた、大阪~富山間の片道運賃は5720円。

なお指定席料金は時期により変動します。JR西日本では以下のように設定されています。

  • 通常期
  • 閑散期(通常期の200円引き)…主に月曜~木曜など
  • 繁忙期(通常期の200円増し)…主に金曜・土日祝日など
  • 最繁忙期(通常期の400円増し)…ゴールデンウィーク・お盆期間の前後・年末年始の前後など

WEB早特7・14(7日前・14日前までのネット予約でお得に!)

△北陸新幹線(W7系)

※2024年2月16日以降に購入できる商品です。

WEB早特7」「WEB早特14」を利用すると、特急「サンダーバード」大阪~敦賀間の普通車指定席と北陸新幹線 敦賀~富山間の普通車指定席をお得に利用できます!「WEB早特7」は7日前まで、「WEB早特14」は14日前までの予約が必要です。

「WEB早特」は、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」からの予約となります。「e5489」の利用には事前に会員登録が必要です。

大阪~富山間のWEB早特の値段は以下の通りです。

  • WEB早特7(7日前までの予約)9250円(定価10290円→1040円お得!
  • WEB早特14(14日前までの予約)8730円(定価10290円→1560円お得!

定価よりも約1000~1500円お得です!乗車日の1か月前からきっぷを購入できるので、乗車する列車が決まっているのであれば早めの予約がいいでしょう。

高速バス

大阪~富山間を高速バスで移動する場合、

  • 大阪-富山線(大阪梅田・新大阪~富山/阪急バス・富山地鉄バス運行)
  • 百万石ドリーム大阪号…(USJ・大阪駅・京都駅~金沢・富山/西日本JRバス運行)

以上の路線があります。

大阪-富山線

△大阪梅田・阪急三番街(大阪府大阪市北区)

大阪-富山線」は、阪急観光バス・富山地鉄バスが運行する高速バスです。昼行便2往復・夜行便1往復の計3往復の運行です。

  • 大阪…ユニバーサルスタジオジャパン(※)・大阪梅田(阪急三番街)・新大阪・千里ニュータウン(※)
  • 富山…西上袋・富山市民病院前・総曲輪・富山市役所前・富山駅

これらのバス停に停車します。大阪~富山間の所要時間は約5時間30分~約6時間です。

車両は独立3列シート車が使用され、車内にはトイレ・コンセントが設置されています。Wi-Fiの利用も可能です

運賃は以下の設定があります。

<昼行便>

  • 片道運賃…5000~7000円
  • 学生割引(片道)…4000~6000円

<夜行便>

  • 片道運賃…5500~7500円
  • 学生割引(片道)…4800~6800円

百万石ドリーム大阪号

△大阪駅JR高速バスターミナル(大阪府大阪市北区)

百万石ドリーム大阪号」は、西日本JRバスが運行する高速バスです。

大阪~富山間を1日1往復運行しており、

  • 大阪…ユニバーサルスタジオジャパン・大阪駅JR高速バスターミナル
  • 富山…富山駅(南口)

これらのバス停に停車します。大阪~富山間の所要時間は約8時間40分です。

座席は独立3列シート車が使用されており、快適に移動できます。車内にはトイレやコンセントが設置されており、Wi-Fiの利用も可能です。

運賃は以下の設定があります。

  • 片道運賃…4900円~9900円

得割は座席数限定の発売です。乗車日が決まっているのであればの、早めの予約がいいでしょう。

快適に移動するか、安く移動するかなど、大阪~富山間の移動に当記事を参考にして比較・検討していただけると嬉しいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です