【福岡(博多)~姫路 6900円~】山陽新幹線で格安で移動する方法は?(のぞみ・みずほ・ひかり・さくら・こだま)




【はじめに】当ブログの運賃・料金の表記について
当ブログでは、運賃・料金を表記しています。

正確な運賃・表記を表記するよう努めていますが、運賃改定や調べ間違い・打ち間違い等により、実際の運賃・料金とは少し異なる場合もあります。

当ブログで表記している運賃・料金表記はあくまで参考程度に見ていただき、実際の運賃・料金につきましては、交通事業者のホームページや予約サイトでご確認ください。

※当記事を作成した2019年4月時点の情報が含まれていますのでご注意ください。(2022年5月追記)

どうも、ばしたく@takuburo1999です。お得なきっぷを紹介したり、都市間のお得な移動方法などを紹介しています。

博多(福岡県)~姫路間を移動する場合、乗り換えなしで移動できるのは新幹線のみとなっています。(福岡県~姫路間を直通する高速バスは運行されていません)

<新幹線>

  • 山陽新幹線「のぞみ」「みずほ」
  • 山陽新幹線「ひかり」「さくら」「こだま」

博多~姫路間の所要時間は約2時間です。

最安の乗車運賃・料金は、

<新幹線>

  • のぞみ・みずほ・ひか・さくら(指定席)…12050円(EX予約利用時)
  • こだま(指定席)…6900円~(バリ得こだま利用時)

となっており、最安6900円~で移動できます!

おすすめのプラン!

新幹線

博多~姫路間を鉄道で移動する場合、山陽新幹線を利用するのが便利です。「のぞみ」「みずほ」「ひかり」「さくら」「こだま」の5種類の列車が運行されています。

「のぞみ」「みずほ」は最速達タイプの列車で、博多~姫路間を最速で移動できます。所要時間は約2時間ですが、料金は「ひかり」「さくら」「こだま」よりも少々高くなります。

「ひかり」「さくら」は速達タイプの列車です。所要時間は約2時間10分で、「のぞみ」「みずほ」と違いは大差ありません。

「こだま」は各駅停車タイプの列車です。所要時間は約4時間となり時間はかなりかかりますが、「こだま」用の格安商品が発売されており、格安で移動したい方にはお勧めの列車です。

所要時間

博多~姫路間の所要時間は以下の通りです。

  • のぞみ・みずほ…約2時間
  • ひかり・さくら…約2時間10分
  • こだま…約4時間

定価運賃・料金(おとな片道)


↑博多~姫路間を「さくら」の普通車指定席利用(通常期)した場合の値段

ジョルダンの検索結果より)

博多~姫路間を山陽新幹線で移動する場合の定価の運賃・料金は以下の通りです。

  • 普通車自由席…13290円
  • 「のぞみ」「みずほ」普通車指定席…14120円 (通常期)
  • 「ひかり」「さくら」「こだま」普通車指定席…13810円(通常期)
  • 「のぞみ」「みずほ」グリーン車指定席…18900円
  • 「ひかり」「さくら」グリーン車指定席…18590円

(※うち、特急料金・指定席料金等を除いた片道運賃は8420円)

なお指定席料金は時期により変動します。

  • 通常期…以下の日以外
  • 閑散期(通常期の200円引き)…1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の月~木曜日
  • 繁忙期(通常期の200円増し)…3月21日~4月5日・4月28日~5月6日・7月21日~8月31日・12月25日~1月10日

以上のように設定されています。

バリ得こだま・ひかり(片道のみの利用可能/お得なクーポン付き!)

△ハローキティ新幹線(500系)

博多~姫路間は日本旅行から発売されている「バリ得こだま・ひかり」を利用すれば格安に移動できます!1名から、片道・往復のどちらでも利用できます。

インターネットで予約する場合は3日前・15時までとなります。予約時に指定した「こだま」と「ひかり」を利用できます。

また、バリ得こだま・ひかりのお値段には「ポチッとギフト」が含まれており、セブンイレブンでギフトを受け取ることができます!

「こだま」の場合、博多~姫路間は約3時間30分~4時間かかります。(「のぞみ」や「さくら」より約1時間20分程度遅いです。)長時間乗車を苦痛に感じない方で、少しでも新幹線代を抑えたい方は利用してみてはいかがでしょうか。

バリ得こだま・ひかりの博多~姫路間の値段は

  • 8000円(定価13810円→5810円お得!

なお、バリ得こだま・ひかりは新幹線駅間の発売で、乗車券を「香椎~加古川」のように在来線利用を含めたものは購入できません。

そのため、例えば香椎~加古川間を「バリ得こだま・ひかり」で移動する場合は、香椎~博多間・姫路~加古川間は別途乗車券が必要です。

JRきっぷと宿泊をセットでお得に!(日本旅行)

JRの新幹線・特急列車で往復利用し、旅行先でホテルに宿泊するのであれば日本旅行のJR+宿泊セットプランでの予約がおすすめです。日本旅行を利用すれば、JRのきっぷとホテルをまとめて予約できるほか、別々で予約するよりもお得になります!

画像:日本旅行より

例えば博多から姫路への往復利用で、姫路で宿泊する場合は25300円~、

画像:日本旅行より

姫路から博多への往復利用で、博多で宿泊する場合は19400円~のプランがあります。

(おとな1人あたり・1泊2日利用、2019年2月現在)

割引きっぷなどで往復利用した場合と比較しても、一番安いプランではこれらのきっぷと6000円程度の違いで、ホテルに宿泊するのであれば日本旅行のJR+宿泊プランのほうがお得です!

イベント開催日・大型連休・長期休みなどはホテルが埋まりやすいため、早めの予約がいいでしょう。

↓JR+宿泊セットプランはこちらから検索できます↓

EX予約

EX予約」はインターネットで新幹線の予約をできるサービスで、駅の窓口などで購入するよりもお得に乗車できます。乗車前にきっぷの受け取りをする必要もなく、専用のICカードを利用することによりスムーズに乗車できます。

またEX予約で予約した場合、普通車自由席と普通車指定席の値段が同じです。また「ひかり」「のぞみ」で値段も一緒であったり、時期による変動がないため、EX予約を利用するのであれば指定席利用が良いでしょう。

EX予約を利用する場合は年会費が1080円かかりますが、JR東海のエクスプレスカードなどのクレジットカードを利用して会員登録することにより、インターネット上で予約・決済でき便利です。

会員登録すると「EX予約専用ICカード」が送られ、乗車する際にこのカードを駅の自動改札機にタッチすると改札機から「EXご利用票」が出てきます。指定席・グリーン車に乗車する場合はEXご利用票に書かれている座席に着席できます。

EX予約サービス

EX予約サービス」は、乗車券・特急券が一体となった商品です。

乗車の際は、直接新幹線改札口から入場する場合は、自動改札機にEX予約専用ICカードをタッチすると、EXご利用票が改札機から出てきます。このEXご利用票は乗車券と特急券の両方の効力を持ちます。

このように在来線改札口を通過して新幹線改札口に行く場合は、在来線改札口では交通系ICカード(Suica・ICOCA・SUGOCAなど)をタッチ、新幹線改札口で在来線改札口でタッチした交通系ICカードとEX予約専用ICカードを2枚重ねてタッチすると、EXご利用票が出てきます。この場合、タッチした交通系ICカードからの運賃の引き去り等はありません。

EX予約サービスは、博多~姫路間など新幹線駅間のみの利用の場合はお得になりますが、二日市~加古川など新幹線から在来線に乗り換えて他の駅発着で利用する場合は、乗車券部分が通常よりも高くなることがあります。

駅の窓口で購入する場合、乗車券は「福岡市内~加古川」で発売されます。「○○市内」の部分は「特定都区市内」という制度で、福岡市内(一部の駅除く)のJR駅であれば、どの駅でも乗車・下車が可能となります。また、姫路~加古川間の在来線も利用できます。

「EX予約サービス」で購入する場合、乗車券は「博多~姫路」で発売されます。

「福岡市内~加古川」の乗車券のように博多以外での他の福岡市内の駅での乗車・下車や姫路~加古川間の利用は出来ません。また、二日市~博多間や姫路~加古川は別途乗車券を購入する必要があり、通常なら乗車券が1枚のみで済むものが、3つに分かれてしまいます。

二日市~加古川など、新幹線から他の路線に乗り換えて他の駅発着で利用する場合は「e特急券+乗車券」の組み合わせの方がお得です。

博多~姫路間の値段は以下の通りです。

EX予約サービス

  • 普通車自由席…12050円
  • 普通車指定席…12050円
  • グリーン車指定席…16490円

e特急券+乗車券

EX予約をする際には、「e特急券+乗車券」という商品もあります。この商品は、特急券の部分のみEX予約で予約するもので、乗車券は別に駅の窓口や指定席券売機で購入する必要があります。

「e特急券+乗車券」というように乗車券と特急券を別々に購入するメリットは、例えば「二日市~加古川」のような、新幹線と在来線の乗り継ぎをする場合です。

EX予約の「EX予約サービス」で購入する場合、乗車券は「博多~姫路」といった新幹線駅間のみ有効となるものしか発売されていません。通常、駅の窓口で乗車券を購入する場合は「福岡市内~姫路」のものが発行され、博多以外の福岡市内の駅の利用や姫路~加古川間の在来線の利用が可能です。

そのため二日市~加古川をEX予約サービスで移動する場合は、二日市~博多間・姫路~加古川間の乗車券を別途購入する必要があり、定価よりも乗車券代が高くなってしまいます。

「e特急券+乗車券」の組み合わせは、駅の窓口や指定席券売機で「福岡市内~姫路」の乗車券を購入、特急券は「EX予約」でインターネットでお得に購入し、これらを組み合わせることにより定価よりも、またEX予約サービスよりもお得に乗車できます。

shinkansenkaisatugutideha,zidoukaisatukinijoushakenwotounyuugo,EXyoyakusenyouICka-dowotattisurutoEXgoriyouhyougadeteきます。このEXご利用票は特急券部分のみ効力を持つため、乗車券とEXご利用票の2枚を持って新幹線に乗車しましょう。

博多~姫路間の値段設定は以下の通りです。

e特急券+乗車券

  • 普通車自由席…12050円
  • 普通車指定席…12050円
  • グリーン車指定席…16490円

スマートEX

スマートEX」はインターネットで新幹線の予約をできるサービス。EX予約ほどお得にはなりませんが、駅の窓口で購入するよりはお得に購入することができます。乗車前にきっぷの受け取りをする必要もなく、お手持ちの交通系ICカードを利用することによりスムーズに乗車できます。

スマートEXを利用する際は、会員登録時に決済用のクレジットカードの登録が必要です。また交通系ICカード(Suica・ICOCA・SUGOCAなど)を登録すれば、新幹線改札口で交通系ICカードをタッチするとEXご利用票が出てきます。指定席・グリーン車を利用する場合はEXご利用票に記載の座席に着席可能です。

スマートEXは、博多~姫路間など新幹線駅間のみの利用の場合はお得になりますが、二日市~加古川間など新幹線から在来線に乗り換えて他の駅発着で利用する場合は、乗車券部分が通常よりも高くなることがあります。

駅の窓口で購入する場合、乗車券は「福岡市内~姫路」で発売されます。「○○市内」の部分は「特定都区市内」という制度で、福岡市内(一部除く)のJR駅であればどの駅でも乗車・下車が可能となります。また、姫路~加古川間の在来線の利用も可能です。

「スマートEX」で購入する場合、乗車券は「博多~姫路」で発売されます。表示されている駅以外での乗車・下車はできず、「福岡市内~加古川」の乗車券のように博多以外での福岡市内の駅での乗車・下車や姫路~加古川は出来ません。。そのため、博多から他の福岡市内の駅の移動や姫路~加古川間の利用には別途乗車券を購入する必要があります。

新幹線駅間以外の利用ではあまりお得になりませんので、在来線に乗り換える必要があるのであればEX予約の「e特急券+乗車券」の組み合わせを利用することをおすすめします。

博多~姫路間の運賃設定は以下の通りです。

スマートEX

  • 普通車自由席…13290円
  • 「のぞみ」「みずほ」普通車指定席…13920円
  • 「ひかり」「さくら」「こだま」普通車指定席…13610円
  • 「のぞみ」「みずほ」グリーン車指定席…18700円
  • 「ひかり」「さくら」グリーン車指定席…18390円
博多~姫路間を山陽新幹線で移動する場合は、以上のような利用方法があります。

速く快適に移動するか、安く移動するかなど、博多~姫路間の移動に当記事を参考にして比較・検討していただけると嬉しいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です